債務整理で借金返済額を減額しよう

債務整理で借金返済額を減額しよう

今現在借金をしている方で返すのが苦しいという方は債務整理をするのが良いでしょう。これは借金を減額する、支払猶予を持たせることができるもので借金生活より開放されたい方は必見です。

 

基本的に債務整理には自己破産と過払い金請求、任意整理や民事再生といったものが選択できます。自分でするのは困難なので通常は弁護士に債務整理の依頼をして支払いや取り立ての対応を行ってもらうのが一般的です。過払い金請求は本来支払う必要がないお金のことで貸金業者に支払いすぎたお金を取り戻せます。

 

手続きを行うと過払い金が返ってくれる可能性があるため長期間借金をしているのなら検討してみましょう。任意整理は借金の減額や金利の引き直しを交渉する作業です。生活に支障のない範囲で返済できるように調整してくれるので貸した側にとってもメリットは有ると言えます。また任意整理をしたときに過払い金が発生している事がわかる場合もあるのが特徴です。

 

こちらは他の手続きと違い裁判所は落とさずに個人的に交渉を行うのが普通と言えます。民事再生は借金返済が困難だと裁判所が認めたときに適用されるものです。減額して残りの借金は数年かけて返済する手段で5000万円以下の場合は最低返済額が最大10分の1まで減額されるのが特徴となっています。

 

現在所持する住宅といった財産を所持したまま整理できるのも強みです。自己破産は財産がないため借金を支払えないときに使えるものですべての借金の支払い義務が免除されます。ただし車や住宅といった高価なものは手放さなければいけない、家族が保証人でない場合は家族に損害が発生するといったデメリットもないです。

 

うまく任意整理を利用して借金の負担を軽くしましょう。

債務整理をして身の丈にあった借金に

借金の返済ができなくなる理由はシンプルで、身の丈にあわない借入をしてしまうからです。最初は10万円などの少額の借金からスタートすることが多く、特に問題なく返済できるかもしれません。しかし追加融資を受けることで借入が段階的に膨らんでいくと、返済するのが難しくなってきます。そもそも少額融資を受けた時点でお金に余裕がなかったわけですから、追加融資を受けるともっと返済に困るのは目に見えています。

 

借金は自力返済をするのが基本ですが、どうしても無理になったら専門家に相談してください。法的な救済策である債務整理をすれば、借金を大幅に減らすことができます。債務整理は返済可能な金額まで債務を圧縮する方法なので、無条件で自己破産を選ぶといった状況にはなりません。任意整理で解決できる借金なら、個人再生や自己破産はしないのが普通です。任意整理だと債権者を指定して整理ができるので、整理したくない会社は除外できます。これが個人再生や自己破産になると、すべての借金が整理対象になります。

 

債務整理で失敗しないためには、自分でしないことがポイントです。自分で債務整理をしてしまうと、債権者から足元を見られてしまう可能性があります。素人とプロとの交渉になりますから、適当に言いくるめられることが多いです。弁護士や司法書士などの専門家に依頼すれば、その後の交渉は代行してくれます。過払い金が発生している場合は同時に回収が可能なので、依頼をして損はありません。自分で手続きをする場合だと、債務整理と過払い金請求は別々の手続きとして進めていく必要があります。専門家に任せれば債務整理の手続きが開始すると同時に、債権者からの取立てをピタリと止めることができます。

債務整理を行い借金を減らそう

借金で苦しい思いをしているのなら債務整理を使うのがおすすめです。一般的に債務整理は大きく分けて4つのものが用意されています。それぞれの方法により内容が大きく違っているので理解しておくと良いでしょう。

 

過払い金請求は貸金業者に過剰に支払ってしまった借金を取り戻せる作業です。本来支払うはずのないお金なので払いすぎたお金を計算して返還請求することで戻ってくれる可能性があります。これは弁護士に相談して計算と請求を行ってもらうのが良いです。

 

借金の減額や金利の引き直しをしたいときには任意整理を使うのが良いと言えます。毎月の返済額を減額できるので負担のない返済を行えるのが特徴です。結果過払い金が発生していることもわかる場合があるため、しておいて損のない作業となっています。基本的には他の手続きと違い裁判所は通さず個人間で交渉を行うのが一般的です。

 

民事再生を使うときは借金返済が困難になったときと言えます。こちらは裁判所が認めることで減額が適用される任意整理です。3年から5年くらいかけて分割で返済するため負担なくお金を返せるのが魅力となっています。借金の額が5000万円以下の方は最底辺金額が最大10分の1まで減額できる可能性のあるシステムです。ただし住宅ローンは除外されるので気をつけておきましょう。

 

民事再生が適用される場合は住宅といった財産が残ったまま借金返済ができるのがメリットです。債務整理の中でもスッキリ借金を取り除けるのが自己破産となっています。こちらは財産がないため支払いができないとき対応してくれるものです。家族が保証人になっていない場合は、家族に借金の影響が出ないため安心して利用できます。

参考サイト

  • 借金 返せない

    多重債務になって借金が返せない人向けに、債務整理の特徴や体験談などをご紹介。