債務整理にも様々な種類があります

債務整理にも様々な種類があります

借金をすると元金はもちろん、利息の支払も必要となりますが無計画に借り入れを増やしてしまう、何等かの原因で収入が減少するなどでその返済が順調ではなくなる人は珍しくありません。返済が滞っている間も利息は増えていきますし、返済期日が遅れると遅延損害金のペナルティも発生します。さらに長く放置していると督促や取り立ても始まりますので早めの対処が必要です。

 

借り換えやおまとめを選んでもまだ返済が厳しいという場合は債務整理も検討していくこととなります。債務整理には様々な方法がありますので、それぞれの借金の状態や収入に合わせて最適な方法を選んでいきましょう。まず、任意整理であれば債権者と直接交渉ができますので裁判所の手続きも必要ありません。

 

整理したい借金を選べるのも任意整理の特徴です。かなり借金が膨らんでいる、返済の見込みがないという場合は自己破産も検討されることとなります。この場合は借金はすべてなくなりますが、そのかわり持ち家や自動車などの価値のある財産がある場合はそれを手放さなくてはなりません。さらに職業や資格に制限がありますので職種によっては一時的に仕事を失うリスクもあります。

 

マイホームを守りながら借金を整理したいという場合は個人民事再生も検討していきたいところです。この場合は他の借金は大幅に減らすことができますが、住宅ローンは今までと同じように支払っていくことができますので、債務整理後に環境が大きく変化する心配はありません。

 

任意整理は裁判所の手続きは必要ありませんが、自己破産や民事再生はそうした手続きが必要ですので、個人での解決は難しいものもあります。よりスムーズな解決を希望するなら司法書士や弁護士など専門家のサポートも利用してみましょう。