債務整理の種類とメリット

債務整理の種類とメリット

債務整理とは借金問題を抱えて、返済に苦しむ方を救済するための法的手段になりますが、債務整理にも種類があります。
任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求などが債務整理の種類になりまして、それぞれに特徴があります。

 

どの方法をとって問題を解決するかは、人それぞれのケースに変わりまして、借入状況と返済能力を見て最適な方法を選びます。
これらの方法で債務整理を行ないますが、実際は専門の弁護士に依頼するなど自分で行なう方は少ないです。

 

専門家に依頼するとなると着手金や報酬の支払いが大変だと感じるかもしれませんが、分割払いに応じてくれるなど柔軟に対応してくれますから安心して依頼することができるでしょう。

 

簡単に債務整理の共通のメリットを挙げると、現在の借金が無くなったり、減ったりしまして、弁護士に依頼して手続きをしてもらうことによって督促が止まります。
また自己破産を除きますが、誰にもバレずに行なうことができますので債務整理をしているから恥ずかしい、嫌な思いをするといったことはありません。

 

それぞれのメリットになりますが、任意整理は特定業者を選択して整理することが可能なのでクレジットカードを残せる場合があり、財産なども差し押されません。

 

個人再生は借金額を大幅に減額することができ、借金の経緯も問われず、取り立てをストップさせることができます。
自己破産は収入がなくても手続きが可能であり、借金を無くすことができます。

 

過払い金請求は払いすぎた利息が返還されまして、場合によっては返済中の借金が無くなる場合もあるでしょう。

 

このように債務整理には種類と、それぞれの特徴とメリットがありますので、よく調べた上で最適な方法を利用してください。