債務整理の種類や過払い金について

債務整理の種類や過払い金について

債務整理は借金問題を解決するために用意されたもので、債権者と交渉を行って借金を減額する任意整理、裁判所を利用して手続きを行う個人再生や自己破産、特定調停の4種類があります。債務整理は弁護士もしくは司法書士に依頼するケースが多いのですが、依頼する理由は債務整理はそれぞれ法律に基づいて借金問題を解決する方法だからです。

 

また、債権者との交渉や裁判所を利用しての手続きは、借金を抱えている人にとって大きな負担になりますし、債権者との話し合いを行っても、減額がそれほど行われずに任意整理の失敗に繋がってしまうケースも少なくありません。さらに、過去の借金に過払い金が含まれている時には、返還請求で取り戻せますが、引き直し計算や返還請求なども行う側の大きな負担になりかねません。

 

返還請求を行っても、素人相手では僅かな額しか戻らない、和解を進められるケースが多いと言われています。仮に、30万円の過払い金があっても、和解に応じたたため、僅か5万円程度しか戻らないのでは借金問題の解決に繋がることは難しくなってしまうわけです。弁護士や司法書士に依頼すると報酬の支払いは発生しますが、債務整理を依頼するメリットには、取り立てや催促を停止出来る、一定期間借金返済が免除される、そして一人で抱えている借金問題が解決に繋がる点です。

 

最近は、借金の無料相談を実施している法律事務所も増えていますが、借金を抱える人の傾向として、一人で問題を抱えてしまうケースが多いのです。これは誰にも相談が出来ない、相談すれば迷惑を掛けてしまうなどの理由から問題を抱え悩み苦しんでしまいます。借金問題で悩みを持つ場合には、まず借金の無料相談を利用するのが良いでしょう。